セイヨウニワトコ(エルダーフラワー)

Sambucus nigra/9cmポット苗

800円(税込864円)

スタッフ一言コメント

スタッフ

大きく育てて、自家製のエルダーシロップをぜひ作ってみてください!

難易度

日光量

水分量

湿

配送サイズ : S

  • 落葉樹

  • フラワーコーディアル

  • ジャム・シロップ

  • 香り

  • アイテム説明
  • データ

アイテムの紹介

シロップやコーディアルでよく見かける、エルダーフラワーです。とにかく花の芳香が素晴らしい。高温多湿な日本ではあまり見かけない木だが、排水性を良くして植え付ければ奈良でも元気に育っている。冬には落葉するが、寒さにはかなり強い。大きく育てて、自家製のエルダーシロップをぜひ作ってみてください!

お届けする苗について

「ポット苗とは」
「ポット苗とは」

商品のページに記載されているポット苗の状態とは、私たち園芸店や生産者が管理するために使っている簡易の鉢です。素材はビニールやポリなどでできています。あくまで管理するための状態なので、一般家庭では排水性が良すぎたり、逆に水持ちが良すぎたり、そのセッティングはまちまちです。ですから、届いた苗は、できるだけ早く庭やプランターなどに植えることをオススメします。

慣れてくれば、ある程度、土を見ながら管理することもできますが、うっかり水を切らしてしまったなど、せっかくの苗を痛めてしまう原因にもなってしまいます。なお、観葉植物などが植えられているプラスチック製の鉢(プラ鉢)は、ちゃんとした土で植えられたものが多いので、そこまで神経質になる必要はありません。

「ポット苗のサイズから予想できること」
「ポット苗のサイズから予想できること」

ポット苗は、基本的に幼苗が多いです。生育した立派な状態ではなく、これが同じものかと思うほどですので、あらかじめご了承ください。そのため、弊社のサイトでは、生育後のサイズ感も表記しておりますので、ご参考になってください。また、充実した株を提供する為に、5号や6号といった大きめのポット苗の場合もあります。最初から大きめのが欲しいという方は、ポットのサイズにも注目してみてください。

→○号=○×3センチです。詳細は鉢のコラムにて。

「季節によって葉っぱがないことも」
「季節によって葉っぱがないことも」

植物の中には、冬季に落葉するものや紅葉するものが少なくありません。冬はもちろん、晩秋や早春なども、葉っぱが枯れ込んでいたり、ない状態で届くこともよくあります。あくまでその植物の性質ですので、ご注文のタイミングによって、見た目にバラツキがあることをあらかじめご了承ください。

栽培カレンダー

 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期
結実期

詳細データ

               
【学 名】 Sambucus nigra
【別 名】 エルダーフラワー
【科 名】 スイカズラ(レンプクソウ)科
【分 類】 落葉低木
【原産地】 ヨーロッパ、北アフリカ、西アジアなど
【樹 高】 高さ 約3〜10m
【花 期】 4〜6月頃
【日 照】 日向〜半日陰
【耐寒性】 強い
【耐暑性】 やや弱い
【用 途】 花を砂糖漬けにしフラワーコーディアル等に。果実はジャム等にできる。
【お届け】 【お届け】 9cmポット苗

栽培ノート

日向〜半日陰で育てます。

水やり

[庭植え]
根付いてしまえば特に水やりの必要はありません。植え付けてから1ヶ月くらいと、夏場の日照りが続く時期は週に1〜2回程度たっぷりと水やりをします。
[鉢植え]
春〜秋:生育期は土がしっかり乾いたらたっぷりと。 冬〜春:落葉期は雨水程度で大丈夫です。

用土

排水性の良い土が適しています。夏の高温多湿を嫌い、 アルカリ性の土を好むので腐葉土やパーライト、石灰などを加えて水はけよく土壌改良するとうまく育ちます。

お手入れ

病害虫もつきにくく、丈夫で強健な植木ですが、日本の暑さが苦手なので、夏場の管理に気をつけるのがポイントです。

ピックアップ

COPYRIGHT GREEN PEOPLE. ALL RIGHTS RESERVED.