カミヤツデ / 10.5cmポット苗

Tetrapanax papyriferus /10.5cmポット苗

800円(税込864円)

スタッフ一言コメント

スタッフ

とにかく大きな葉っぱ!成長も早いので、苗からでも十分楽しめます。

難易度

日光量

水分量

湿

配送サイズ :S

  • 落葉樹

  • ワイルドガーデン

  • 個性的

  • アイテム説明
  • データ

アイテムの紹介

沖縄に自生する大きな葉っぱの常緑樹。耐寒性があまりないのですが、奈良では暖かい時期に植え付けておけば、落葉植物として育てられます。 冬場、葉を落とし、幹も一旦枯れ落ちたりしますが、春になると何もなかったように元気に芽吹きます。地下茎で増えるので、調子が良ければ近くから子株も生えて大きな塊のようになります。 ヤツデの葉に似ていて、カミヤツデという名前がつけられていますが、葉っぱのサイズは70cm程になり、かなり存在感があります。広いお庭が向いていますが、耐寒性の関係でやはり巨大にはなりにくいので、育てやすいかなと思います。 鉢植えで育てる場合は、冬は室内に取り込むか寒風、霜のあたらないところで管理するといいです。 成長も早いので、苗からでも十分楽しめます。

お届けする苗について

「ポット苗とは」
「ポット苗とは」

商品のページに記載されているポット苗の状態とは、私たち園芸店や生産者が管理するために使っている簡易の鉢です。素材はビニールやポリなどでできています。あくまで管理するための状態なので、一般家庭では排水性が良すぎたり、逆に水持ちが良すぎたり、そのセッティングはまちまちです。ですから、届いた苗は、できるだけ早く庭やプランターなどに植えることをオススメします。

慣れてくれば、ある程度、土を見ながら管理することもできますが、うっかり水を切らしてしまったなど、せっかくの苗を痛めてしまう原因にもなってしまいます。なお、観葉植物などが植えられているプラスチック製の鉢(プラ鉢)は、ちゃんとした土で植えられたものが多いので、そこまで神経質になる必要はありません。

「ポット苗のサイズから予想できること」
「ポット苗のサイズから予想できること」

ポット苗は、基本的に幼苗が多いです。生育した立派な状態ではなく、これが同じものかと思うほどですので、あらかじめご了承ください。そのため、弊社のサイトでは、生育後のサイズ感も表記しておりますので、ご参考になってください。また、充実した株を提供する為に、5号や6号といった大きめのポット苗の場合もあります。最初から大きめのが欲しいという方は、ポットのサイズにも注目してみてください。

→○号=○×3センチです。詳細は鉢のコラムにて。

「季節によって葉っぱがないことも」
「季節によって葉っぱがないことも」

植物の中には、冬季に落葉するものや紅葉するものが少なくありません。冬はもちろん、晩秋や早春なども、葉っぱが枯れ込んでいたり、ない状態で届くこともよくあります。あくまでその植物の性質ですので、ご注文のタイミングによって、見た目にバラツキがあることをあらかじめご了承ください。

栽培カレンダー

 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花期

詳細データ

<                
【学 名】 Tetrapanax papyriferus
【科 名】 ウコギ科
【分 類】 落葉低木(沖縄、暖地では常緑)
【原産地】 中国、台湾など
【樹 高】 高さ 約3〜5m
【花 期】 11〜12月頃
【日 照】 日向
【耐寒性】 弱い(暖かい時期に根付けば奈良でも地植え可)
【耐暑性】 強い
【お届け】 10.5cmポット苗
※お届けは写真と同じ規格になりますが、個体差があります。現品を見て検討されたい方はメールにてお問い合わせください。

栽培ノート

日向で育てます。

水やり

[庭植え]
根付いてしまえば特に水やりの必要はありませんが、湿潤な場所を好むので、日照りが続くような時期はたっぷり水やりを。
[鉢植え]
春〜秋:生育期は土がしっかり乾いたらたっぷりと。 冬〜春:落葉期は雨水程度で大丈夫です。

用土

水はけがよく湿潤な場所を好むので、植え付けの際は土に腐葉土をよく混ぜて植えてください。

ピックアップ

COPYRIGHT GREEN PEOPLE. ALL RIGHTS RESERVED.